軽四耐久K4GP参戦プロジェクト|レーシングチーム|富士1000km耐久|セパン24時間耐久|ホンダビート"HONDA BEAT"

K4GP.NET|K4-GP|2010年|富士1000km耐久| 軽四|セパン24時間|レーシングチーム|ホンダビートBEAT|画像|軽耐久|腕時計

FunKy Blood 監督Jのブログ

夏の本番に向けて目標探し。考えて、動いて、何を感じとれるか。。。

ラウンド報告(ウェストワンズカントリークラブ)


 3月19日。ウェストワンズカントリークラブに行ってきました。

ピート・ダイ設計のコース。見た目には非常に美しい稜線がつづき、隣りのホールとのセパレートの木々も少なく、広々とした眺め。まるでアメリカのコースに来たかと錯覚するほどの異国感。

しかーし、フェアウェイやラフのアンジュレーションがきつく、平らなライからのショットはほとんど望めません。距離は短めのミドルホールも何箇所かありましたが、ドライバーでは落としどころがなく、アイアンやユーティリティでのティショットもしばしば。さらにグリーンも同様にアンジュレーションが超きついため、ポテチグリーンが続きます。ラインを読むことは相当に困難で、スかと思うとフックだったり、カップを過ぎてから下りは分かっていたが、まさかそこまでオーバーするとは・・・など。ショット、パットとも戦略を要求される手ごわさでした。

結果は、50、48の98。パット数、43。OB1発、池に3発。
特にインのあがり3ホールは狭く、池の配置も効いていてトリッキーです。全般にミドルアイアンの正確性が要求されます。バンカーの砂が浅くて、ちょっと寂しいかな。

クラブハウスは立派ですし、御飯も美味しい。打球場も広くていい。グリーン、フェアウェイトも良く整備されています。楽しい一日でした。この贅沢さで、1万円で千円以上のおつりがきたのは大満足でした。

今回の教訓:「無理な近道や冒険より、確実に行く方が結果的には最短コースである」

| ゴルフ | 20:23 | - | - |

ラウンド報告 (ABCゴルフ倶楽部)

3月13日、 今年4度目のABC

気温10度。今年にはいって一番の暖かさ。雨がパラつくなかスタート。天気予報によると15時ごろから雨だったはずなのに。カッパを着るほどではないので、ウインドブレーカーでのプレイ。アウト1番387Y、ドライバーは左のラフ。毎回決まってココ。セカンドは、のこりピンまで190Y。4番アイアンは、惜しくもガードバンカーへ。出しただけで、エプロン。52°でアプローチは、残り7メーターを残す、最悪の4オン。そこからいきなりの3パットで結局トリプルでのスタート。ペースもつかめないまま56。インは49の105。パット数は42。

最近、コレが俺の実力と再認識し反省もするが、少しだけ言い訳をすると・・・ABCゴルフ倶楽部が難しいんです。なんといっても特徴的なのはバンカー。ベトナムから運ばれているという白砂は、まるでふかふかのパウダースノー。僕のサンドウェッジは58°のバウンス8°。少し手前から砂を取ると、するっとくぐってボールが思わぬ手前に落ちるんです。ショートホールでは高い玉で攻めるとガードバンカーでは目玉になりやすい。砂が軽いので出すには出ますが、コントロールが難しい。

そして、グリーンはもちろん高速。さらにインに向かってアンジュレーションがきつくなって行きます。それから、ショートホールですが、グリーン面があまり見えない。すなわち受けグリーンではないので距離感がつかみにくいうえ、バンカーが絶妙に効いている。また、おなじみの18番のロングでは、池越えビーチバンカー。遼君気分でツーオンイーグルだ、と意気込むので3オンもままならない状況に陥ります。池に向かうと必ずアゲインストだしプレッシャーがスゴイ。

てなわけで、ABC苦手です。でも、今年もまだ何回か来ると思うので、絶対に克服するぞ!おーっ!

今回の教訓:「苦手だと思うと、より難しくなる。それを楽しもうと思えば、それは必ず越えられる。」

| ゴルフ | 22:37 | - | - |

ラウンド報告(日清都カントリー)

昨日、社内コンペで行ってきました。
カップヌードル、チキンラーメンで有名な日清食品さんが経営しているコースです。日清レディースという女子の企業対抗ゴルフが行なわれていることで、ご存知の方は多いかも。ティグランドのマークが、どんべぇだったり、カップヌードルだったりして、面白いです。茶店やレストランにも、太麺堂々とかもあります。
http://www.nissin-miyako.co.jp/index.php


さて、ラウンドの方は寒の戻りで、朝の気温は3度。みぞれの降る中のスタートとなりました。
スコアは、51、47。98。

ドライバーの引っかけをなくすように、日曜日に練習場で入念にチェックしたはずが、スタートホールのティーショットは見事に左の林の中に。トホホ。OBにならなかったのですが、後ろにしか出せず、3打目で残り180ヤードの上り。ユーティリティをこれまた引っかけ、グリーンの左サイドバンカーへ。ピンはグリーン奥20ヤードで、バンカーから30ヤードほど飛ばすが、奥へこぼれる。そこからアプローチは5メートルオーバー。パットも入らず。結局”8”。

こんな調子のスタートでしたが、午後からはいい天気になり、後半はパーも続くよい感じに。かなり楽しかったです。同じ組みで午後のハーフ37、4バーディというやつがいまして、最終の1.5メートルが入ればハーフのパープレイというところでも盛り上がりました。

今回の教訓:「リキミすぎず肩の力を抜いて、平常心で対応すれば結果は上向いてくる。」
| ゴルフ | 18:58 | - | - |

MPクラフトS1ドライバー

 MPクラフトS1ドライバーを試打してきました。

前回の報告のとおり、スリクソンZR-30をリシャフトしようかと考えているのですが、ドライバーを除いてオールミズノで揃えている私としては、やはりこの際ミズノで揃えなおそうかと、淀屋橋の大阪店に行ってみました。

いろいろとクラブアドバイザーさんと話しながら、試打させていただきました。計測した数値は、ヘッドスピードは41〜42でした。以前、計測したときは、44〜45程度だったのですが、ミズノさんの話によると少しプラス目に出している店が多いそうです。なるほど。スイングリズムは4。割とゆっくり振るタイプです。ミート率は結構良くて、1.45以上を安定的に出せました。飛距離は、235ヤード前後でした。

そこで、私に合うミズノシャフトはQUAD 6 バットスタンダード S、ということのようです。中調子で、トルクは3.6です。ディアマナのカイリ60Sくらいの感じです。やはり、今の元調子のトルク3.0は、合っていないということが良く分かりました。

 話は変わりますが、前のMPクラフト425は、いまでも中古も見つからない名機ですが、フェイスの金属が非常に薄く打感は最高ですが、ハードヒッターが3000発ほど打つと割れるケースがありクレームにつながるため、現行S1では厚めに仕様が変更になったとのことでした。

さて、注文すれば5日で仕上がるとのことでした。
しっかり悩んでみます。


今日の教訓 「自分を客観的に知ることで、進むべき方向が見えてくる。」
| ゴルフ | 01:42 | - | - |

ラウンド報告(ABCゴルフ倶楽部)

 土曜日は、今年4度目のラウンドでした。
兵庫県ABCゴルフ倶楽部は今年3度目。

週初めは雨の予報でしたが、日頃の行い良く、木、金で雨が降り、
土曜日当日は、比較的暖かく、気温9度。
今年初めてヒートテック、使い捨てカイロなしで、まわれました。

スコアは49、50、で99。
コースがわかってるのになぁ・・という結果。

昨年後半にライ角57.5°が気に入って導入したスリクソンZRー30
ドライバーですが、最近よくない。
引っかけ病から脱出できたのは、彼のおかげですが、元調子なので
振り切るパワーにかける日は球が上がってくれず苦戦します。

先日、MPチタンのクリークを導入したのですが、この純正シャフトが
あっているようです。球も上がるし、210〜20Yぐらいは飛びます。
中調子でトルク3.6。
近いうちに、ドライバーもこれに合わせてリシャフトするつもりです。


今回の教訓:「あれこれ考えるより、思い切って振り抜くことが大切だ。」

| ゴルフ | 21:08 | - | - |