軽四耐久K4GP参戦プロジェクト|レーシングチーム|富士1000km耐久|セパン24時間耐久|ホンダビート"HONDA BEAT"

K4GP.NET|K4-GP|2010年|富士1000km耐久| 軽四|セパン24時間|レーシングチーム|ホンダビートBEAT|画像|軽耐久|腕時計

FunKy Blood 監督Jのブログ

夏の本番に向けて目標探し。考えて、動いて、何を感じとれるか。。。

ラウンド報告(ABCゴルフ倶楽部)


 9月4日(土) ABCゴルフ倶楽部

9月に入ったものの、まだまだ暑い。日陰に限れば、7月末からの猛暑よりは少しはましか。インスタート、10番。ティショットがめずらしく右へ。林のなかから謝るも、木に当たる。再度、ごめんなさいで、ようやくフェアウェイへ。4オンで、ダブルボギィスタート。途中は少しバタバタ気味だったが、最終18番。ティショットが会心の当たりでフェアウェイセンター。エッジまで210Yでグリーンを狙える位置。ゴルファーなら、ここの18番2オンは、一度はやってみたい。

5番ウッド。風はややアゲだが、ほとんど気にならない。きっちり当たれば届く。2本の木から伸びる枝が視界を邪魔するが、5番なら軽く超えていく高さ。力を抜いて、左肩を入れてバックスイング。よっしゃ〜。ややトップ気味に当たったボールは、2本の木に枝に当たって池の中へ。んぐー、残念。やはり力が入ったかぁ。枝にさえ当たらなければ、グリーンまでは届いていただろうに。まあ、今日はこのくらいにしといたろ。トリプル、くやしぃ。トータル50。

午後は、出だし8。4つのパーで46。96。37パット。ラフが深い。グリーンは速い。ここのバンカーは苦手。んー、困ったもんだ。






| ゴルフ | 00:33 | comments(1) | trackbacks(0) |

ラウンド報告(箕面ゴルフ倶楽部)

 8月29日(日)

箕面ゴルフ倶楽部
に行ってきました。なにせ大阪市内から40分程度で到着するので行き帰りが非常に楽チン。今回もスイスイで着いてしまいました。早速、練習場へ。距離のないネットですが、52度のアプローチウェッジではネットの上を越えてしまう、危ないから高くして欲しい。

インスタート。10番ロング。ドライバーはフェアウェイセンター。コースの整備は行き届いており、きれいです。残り250Y、6番アイアンは右ラフ。残りピンまで90y。52°でオン。2パットでパースタート。結局3パー、3ダブルボギィ。45。

午後スタートの1番、ロング。ドライバーはフェアウェイセンタ。セカンドはチョロ、3打目でグリーン奥へ。もっとも苦手な逆目深いラフからのアプローチ。ざっくり、ざっくり、ざっくり、セブンオン。9。モーだめだ。でも6つのパーで盛り返して、44。トータル89。

逆目のラフからのアプローチ。
「苦手だと思うと、余計に堅くなる。左手は緩めず、あとはリラックス。ヘッドはゆっくりと抜く。」

| ゴルフ | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

ラウンド報告(ABCゴルフ倶楽部)

 7月10日 曇り。

昨日も雨、明日も雨という予報のなか、今日は降らない。しかも、この季節は曇り空がありがたい。朝の練習グリーンでのパッティングで、ABCでは初めて「重い」と感じることができた。出だしアウト1番ホール387y。左ラフから残り175ヤード、5Iでグリーンオン、6mを2パット、パースタート。2番386y、左ラフから165ヤード、6Iでグリーンオン、12mを3パットボギー。今日はミドルアイアンの調子はよさそうだ。3番170yショート、ピンは2段グリーンの下の段。6Iで右のカラー、13mを3パットボギー。順調に出だしの3ホールで2オーバー。

4番532yロング。3打目160y、6Iで右にOB、あれれ今日はミドルアイアン問題ないはず・・・だったのに。打ち直してグリーン奥へこぼれる。6オンで3パット、9。一気に6オーバー。がっくり。アウトのもうひとつの6番516yロングも、4打目をグリーン奥で、ざっくり、さらに寄せれず、3パット9。トータル48、イン46、94。いまのラフは深い、10cmはある。ラフでボールを捜すは、ひと苦労。

さて、ドライバーSRIXON ZR-30をリシャフトしたいのだけれど、ずるずると使い続けている。SV3017Jというオリジナルシャフト、トルク3.0で、飛ばなくて、でも曲がらない。今回、13番ミドルで230yのバンカーに初めて届いた。暖かくなってきたので距離が伸びているのか、シャフトにタイミングが合ってきたのか。ますますリシャフトすべきか、悩む。買い替えなら、MP-CRAFT425も欲しいしなー。

今回の教訓:「ボールが勝手に曲がるか。クラブが曲げたのか。振ったのは体。欲を出したのは心。」
| ゴルフ | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) |

ラウンド報告(ABCゴルフ倶楽部)

 7月3日 雨。

というか、午前中は土砂降り。レインウェアを着ているが雨量が多く、それを通り越してポロシャツもズボンも色が変わるまでボトボトに濡れてしまった。ここまで降られたのも何年ぶりかな。まぁ夏でよかった。雨に濡れても寒くない。靴も完全防水のはずだが、やっぱり水たまりに入るからだろうか、午前の後半にはズクズクになってしまった。

しかし、そんなことは気にしない。ゴルフとはそもそも「自然との闘い」である。精神を落ち着かせて、いつもにも増してボールに集中する。ゴルフには、集中が大切なのだ。プロゴルファー猿は、スイング中に松の枝が額に刺さったが、そのままスイングを続けたほど集中していた。あの集中力が必要だ。

意外とグリーンの速さは変わらない。バンカーは、いつもより重くなっている分、逆に楽であった。右手グローブをして、グリップのすべりを防止している人がいた。雨の日対策として、賢い作戦だな、と思った。結果は、インスタート47、46、93。3パット4回。OBなし。

本日の教訓:「まわりの状況が悪いときこそ、自分のやるべきことに集中するが大切。」 
| ゴルフ | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

ラウンド報告(ABCゴルフ倶楽部)

 天気予報では、前日までは雨だった。梅雨の最中、僕はなかなかの雨男だし、あきらめていた。コースへ向かう道中、やはり雨。しかし、コース到着する頃には、雨が上がり、明るめの曇り空。一日もつといいなー。

さて、4人が揃って練習を開始。しばらくして僕の前の打席で、一人の男性が打ち始めた。隣で打っているだけで、なにか凄さが伝わって来る。スイングはゆっくりなのに、弾道がとにかく凄い、球は異常に高い。正確な軽いフェード。長くゴルフをしてきたが、こんな光を放つようなボールは見たことがない・・・。間違いなくプロだな。んー、この背中は見たことあるぞ・・・。おっと、送迎バスが来た。

ABCゴルフクラブは、毎年男子プロのトーナメントが行われる名門コース。石川遼が、2008年に17歳1ヶ月でプロ最年少で優勝したコース。その日に遼君が使用していたクラブすべて、バッグも、靴も、ウエアもそのまま、手書きのスコアカードとともにレストランの入口に飾られている。

そして、昨年の優勝者は鈴木亨プロ。近年、若手が台頭するなか、シード選手のなかでは最年長。僕とは同い年、誕生日が4日違い(YASU氏と同じ誕生日。)僕の好きなメーカー、ミズノ所属でもあり、僕のキャディバックは鈴木プロモデル。昨年の優勝の際に使用していた、このバックも、サイン入りでマスター室前に飾られている。

今日の僕は、ウェアまでミズノ。’MP’というロゴ入りの、ミズノプロのブランド。さっきの人も同じ・・。あの体つき・・。あのスイング・・。あの弾道・・。気になる・・。キャディマスター室へ行って、「今日、鈴木亨さん来てはりますねー」とカマかけてみる。「ええ。昨年の優勝以来、初めてですけどねー」という答え。やはり、鈴木プロご本人だっ!サインもらって握手してもらいたかったなー。間近で見れた興奮と感激、サインもらえなかった残念な思い。

興奮冷めやらぬ間にアウトスタート。48、51、トータル99。3パット8回、総パット数43。OB無し。ミドルアイアンは良かった。今日はグリーン周りが難しかった。何故かというと、ティグランド周辺から、グリーン周りに至るまで、すべてのラフに土が撒かれています。現在の状態では、ラフはすべてクロスバンカーと同じ。絶対にダフリは許されない。砂が噛むのでソールを滑らすことが出来ないのです。このコース22年というベテランキャディさんでも、この状態は初めてとのこと。難しすぎます。

近いうちに行かれる方のなかには、多分、怒る人がいると思いますが、昨年のトーナメント前に芝が伸びなかったので、今年は、養分、水捌けなどを考慮した様々な対策が進められているんだそうです。とにかく、ご用心ください。


今日の教訓:「本物には、すでに気配がある。日々の努力のみが、その源を作り出してくれる。」
| ゴルフ | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) |