軽四耐久K4GP参戦プロジェクト|レーシングチーム|富士1000km耐久|セパン24時間耐久|ホンダビート"HONDA BEAT"

K4GP.NET|K4-GP|2010年|富士1000km耐久| 軽四|セパン24時間|レーシングチーム|ホンダビートBEAT|画像|軽耐久|腕時計

FunKy Blood 監督Jのブログ

夏の本番に向けて目標探し。考えて、動いて、何を感じとれるか。。。

ラウンド報告(よみうりカントリークラブ)

 12月4日(土) よみうりカントリークラブに行ってきました。

男子ツアーが開催されるコースであり、素晴らしいコースでした。
グリーンは、10フィート。さすがにキレイでした。

16番の600ヤードは、テレビでのみたとおりの急な下りでした。
17番の長め難しいショート。
18番のビーチバンカーもテレビで見たことあるって感じで、楽しめました。

昨日、上海でのゴルフでしたので2日続けてのラウンドでした。
アウト51、イン48、99。38パット。

いつか再挑戦したいです。


| ゴルフ | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) |

ラウンド報告(濱海ゴルフ倶楽部(binhai Golf)

 12月3日 濱海ゴルフクラブ(上海)に行ってきた。

場所は、
上海浦東国際空港の近く。空港からは、車で約30分。揚子江の河口とあって、まっ平ら。日本で言う河川敷ゴルフ場のような感じ。45ホールあるというコースは広大。フェアウェイは緑色の芝で狭く感じさせるが、実際は、まわりラフの枯芝が広いので、OBはでにくい。僕もOBはなし。パー73のところ、イン47、アウト50。トータル97。グリーンはポテトチップのよう、うねりも複雑で結構難しかった。3パット5回。4パット1回。40パット。パター練習しなきゃ、ダメだな。

帰国翌日もゴルフだったので、クラブはレンタルにした。レンタルクラブは、ミズノのFINALISTと書いてあった。カーボンシャフトで、ヘッドが効いていない。とにかく軽い、軽すぎる。15年くらい前のミズノのゼファーのような感じか。中国用のブランド名かと思ったが、帰国後ネットでググると一応出てくるではないか。普通に日本にもあるんだなぁ。

ゴルフとは関係ないが、久しぶりの上海蟹はやはりうまかった。今は特に雄がおいしい季節とのこと。メスの子持ちの部分もおいしいが、オスのクリーミーで濃厚な味は忘れられない。また、いつか食べたいな。

「国は変われど、スコアは変わらず。何事においても自分次第だ。」
| ゴルフ | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |

ラウンド報告(ABCゴルフ倶楽部)

 10月16日(土) ABCゴルフ倶楽部に行ってきました。

今月の最終週には、マイナビABC男子ツアーが開催されるため、コースは既にツアーセッティング。

ラフは、10cm。レギュラーティから200Yあたりまではラフは通常通り3〜4cm程度に刈られていますが、フルバックからすると250Yあたりからグリーンまわりまで伸ばしっぱなし。ラフに入ったボールは、すぐそばまで行かないと見つけることが出来ません。

グリーンは、キャディさんによると、なんと12.5フィート!日本で3本の指に入ると言われる超高速で有名なコースだけのことはあります。普通のコースでは9.5フィートで速いと言われるくらいですから、ガラスのグリーンです。

さて、アウトスタート1番387Y。ドライバーは右、浅いラフ。セカンドは残りピンまで、190yを5番Iで、カラーにオン。12mのパットは、4mオーバー、練習グリーンで感触は確かめたのだけれど、想像以上に速い。返しのパーパット入らず、1.5mオーバー。そしてコレも入らず。4パットダブルボギー。

距離をあわせるしかないが、そうすると選べるラインが狭くなり、細かい方向性と距離感をあわせる繊細さが問われる。プロが1.5mに慎重になる意味が始めて分かった。

2番、386Y。ドライバーは右、浅いラフ。残り155y、7番Iでピン奥15mにオン。そこから、7mオーバー。返しのパーパット、4mオーバー。入らず、連続4パット。

3番ショートホール、155y。ここは、なぜかいつもショート気味になる。今日のピンは、2段グリーンの上の段。7番を選択したが、下の段にオン。18mの登りパットだが、怖くて打てない。段の境目を上りきれず。あれれ、ボールが戻ってくる〜。コロコロころころ、元の位置。再度パーパット。打ち切れず、あぁ〜戻ってくる〜。みたび元の位置から、なんとか50cmについた。3連続の4パット。

4番ホールでなんとか、3パット。アウト、28パット。52。イン、46。 トータル98。ツアー本番は更に厳しいセッティングなんだろうな。プロのテクニックって、やっぱり凄いと、あらためて感じる一日でした。

| ゴルフ | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |

ラウンド報告(箕面ゴルフ倶楽部)

10月2日(土)  箕面ゴルフ倶楽部に行ってきました。
晴れ。風が涼しい最高のゴルフ日和。こんないい感じの日にゴルフをしたことがあっただろうか。

アウトスタート。1番ロングホールは、キツイ上り傾斜。ティショットは、チーピン、左ラフ。セカンド6Iでフェアウェイへ。残り120yキツイ上りだが、9Iで上手くパーオンに成功。ツーパットで、出だしはパー。

2番ミドル、さっきの逆でキツイ下り傾斜。ドライバーはGOOD。残り14O強8Iは惜しくも乗らず。寄せるが寄らずで2パットボギー。

3番ミドル、またしてもキツイ上り傾斜。ティショットは、右の土手斜面。残り170Y、5Iで上手く振り抜いたが、惜しくもグリーン手前。寄せるが寄らずボギー。んー寄らない。

4番ミドル。まっすぐ打つと160Yで突き抜けます、とキャディさん。左の谷の上の高い木の方向へ打って下さいと。言われたがまっすぐ突き抜けてOB、さらに特ティから130Y、上空の激しいアゲインストを忘れて9Iで打った、上空でボールが止まった。グリーン10Y以上手前にポトリ、風を読まねば。さらにさらに3パットで、8。あらまー。

なんだかんだで44。後半は、最終18番で左の林にOB、あわせてダボが2回。ほかモロモロで、42。トータル86。34パット。天気、最高。気のおけない仲間たちとの久々の楽しい一日だった。

コースの方はといえば、夏に少し痛んでいたグリーン芝は、綺麗に復活していた。コースも改造を重ねて、本当に良くなった。少し昔の箕面を知る僕にとっては、まったく違うコースに変わった。狭く、短いコースのイメージはすっかりなくなり、地形を活かした攻め甲斐のあるお気に入りのコースになった。

土曜は、サタデーコンペ。日曜は、サンデーコンペになっていて、スコアカードを提出して帰ると、後日、順位表が送られてくる。新ぺリアだから、入賞や飛び賞に入ることもある。僕は偶然にも、2回続けて賞に当たったことがある。このあたりも楽しみなのだ。

帰り道、市内までは40分だし、まだ14時前だし、車なのでアルコールはダメだけど、ちょっとお茶でもしようと、入ったケンタッキーでオッサン4人でだべりつづけ、気が付いたらすっかり夕方だった。お店の方、迷惑がってたかな〜?

「ゴルフは楽しい。気のおけない仲間となら、なおさら。」






| ゴルフ | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) |

ラウンド報告(ABCゴルフ倶楽部)

 9月11日(土) 先週に続いてABCゴルフ倶楽部。アウトスタート。先週より少しは暑さもマシか。しかし日なたにいるとジリジリと焼ける感じで、爽やかとは程遠い。しかも風がない。無風。

1番387y。ドライバーは右のフェアウェイ。残り160y、6Iセカンドはグリーン右ラフ5Y。アプローチは寄らず7m。なんと、このくだりパットがカップに吸い込まれラッキーパースタート。2番386y。ドライバーは右バンカーを超えて、残り145y絶好のポジション。7Iは、ピン右8mカラーのうえ。このパットが、まさかのカップイン、バーディ。

3番ショートは、パー。4番532yロングも寄せワン、パー。5番336yミドルは惜しくもボギー。6番ロングでボギー。ここまで+1。7番は短いミドル344y。遼君は、ワンオンしたというホールだ。ティショットは右のクロスバンカー。残り135y、8Iで。距離はぴったりだが、縦長グリーン右横のガードバンカーへ。ピンも右。沈んだボール。自分の身長以上の高さを出してすぐに止めなければならない難易度の高いバンカーショット。

エクスプロージョン。とどかない。。。元の位置へ落ちてくる。もう一回チャレンジ。届かない。薄くとって打つしかないか。5打目、ようやくグリーン奥へ。ここでトリプル。30台の夢は破れた。結果41。午後もワンバーディあったが、乱れて47。トータル88。

同伴のシングルプレイヤーから、「ここのバンカーは砂が軽すぎてバウンス効かないから、アプローチウェッジで薄くとったらいい。抵抗少ないよ。」と助言を頂き、午後やってみたらピタリと寄りました。なんだ、そういうことか。何だが、ここのバンカーの謎が解けた感じ。ずっと悩んでいたけど、もしかしたらこれからは。次回へ期待が高まる。

「上級者の意見を聞くことは、時間とお金をただで手に入れたようなものだ」。感謝。
| ゴルフ | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |