軽四耐久K4GP参戦プロジェクト|レーシングチーム|富士1000km耐久|セパン24時間耐久|ホンダビート"HONDA BEAT"

K4GP.NET|K4-GP|2010年|富士1000km耐久| 軽四|セパン24時間|レーシングチーム|ホンダビートBEAT|画像|軽耐久|腕時計

FunKy Blood 監督Jのブログ

夏の本番に向けて目標探し。考えて、動いて、何を感じとれるか。。。

ラウンド報告(ABCゴルフ倶楽部)

 3月19日 ABCゴルフ倶楽部

OUT46。 3パット5回。IN52。3パット4回。15番483YロングのセカンドでOB。フォローのせいかドライバーがよく飛んで、左のバンカーを越えていた。はじめてセカンドを5ウッドで打った。茶店方向の右に届いてOB。グリーン方向なら十分届いていたかも。

ショットは比較的安定した一日でした。今日のABCのグリーンはぜんぜん速くない。9.5フィートくらいでしょうか。全部ショートしてしまいますた。
| ゴルフ | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) |

ラウンド報告(大宝塚ゴルフクラブ)

 3月9日 水曜日 関係のコンペがあったので大宝塚ゴルフクラブへ行ってきた。

此花区の自宅を6時15分に出発、7時にはクラブハウスに到着。中国宝塚を降りてから山道が7キロくらい続くが、近い。便利だ。36ホールあるコースには、それぞれ地元の地名がつけられている。今回は、芦屋コース、六甲コースを回った。

芦屋コースは、ロング、ショート、ミドル、がそれぞれ3つずつという変則コース。1番478y、パー5。ドライバーは右ラフ。セカンド6Iで、残り90y。ピンはグリーンかなり手前の位置。52°のウェッジで軽めの距離。が、ダフリ気味で10Yショート。ふたたびのアプローチはピンの上に8メーターオーバー、3パット。いきなりトリプルスタート。前回同様の感じ。今日も乗り切れないか。。。

2番ショートはパー。3番でOB+3パット。4番ロングはボギー。5番ショートはパー。6番403Yミドルホール、3打目がガードバンカーへ、砂がたっぷりで湿っていて重い。出ない。2発目がグリーン留まらず反対のバンカーへ。バンカー内のディボットへ、高いあごで出ないのは仕方なかったが、自分の打った同じディボットへまた入る。もう一回、また戻っては、徐々に深くなっていく同じ場所に戻ってくる。最悪、都合5発。このホール、11。前半53。

後半の六甲コースは、なんとかペースを取り戻し43。96。

コース整備は行き届いており、グリーンは完璧。ピンが見えていないホールは少しありますが、僕は好きなコースです。クラブハウスも大きくて美しい。帰りは川西方面から35分で帰れました。


| ゴルフ | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |

ラウンド報告(ABCゴルフ倶楽部)

 2月26日 土曜日 快晴

風も無く暖かい陽気。2月のABCは組数も少なくて、クラブハウス内も比較的空いている。久しぶりのゴルフ。アウトスタート、1番387y。ドライバーはフェアウェイ右サイド。残り190y、4Iは、グリーン右横のバンカーどころか、はるか右の林へ・・・。3打目は林から出しただけ。4打目のアプローチウェッジのヘッドはボールの下を抜けて、バンカーはかろうじて超えたがショート。バンカーにスタンスがかかる状況で、結局5オン。トリプルスタートとなった。久しぶりだから、こんなもんかと諦めるが、最後までボロボロで、アウト55。インコースも10番は、OBスタートで8。結局48。やっちまった3桁、103、ショックだ。仕事でトラブルプロジェクトも抱えて、ちょっとゴルフに集中できていない感じ。まずは精神的な落ち着きを取り戻し、何事もを善い循環へ変えていくのだ。気分的には一日リフレッシュできたぞ。

| ゴルフ | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

マラッカ一人旅(2011年2月9日~10日)

 K4GP参戦のためにマレーシア入りしたものの、エアーチケットの関係で前のりになってしまった。せっかく仕事も休んでいることだし、有効に使おう。2年前に来たときに、クアラルンプール市内観光はしていたので、今回は貴重な一日をマラッカで過ごすことにした。クアラルンプール国際空港で到着ゲートを出たのは19時ごろ、直通の電車やバスがないので、タクシーでマラッカへ向かう。空港のターミナル内にあるリムジンカウンターでタクシーチケットをクレジットで購入。距離は150km程度、値段は150マレーシアリンギット、4500円程度。

タクシードライバーの説明どおり約1時間30分でエクアトリアル・ホテル・マラッカに到着。チェックイン後、部屋から眼下をパチリ。意外と都会だな。お腹が空いたので、まずは食事へ出掛けた。これからだと時間も遅くなるし、一人なので遠出は避けたいところ。近くで食べられるマレーシアらしいところをホテルのベルボーイに聞いた。

徒歩10分で教えてくれたお店を発見。
ナシゴレンとタンドリーチキン。ウォーターメロンジュース。おいしかった。忘れちゃったけど、10リンギットくらいだったかな。

翌朝、ホテルに荷物を預けて徒歩で観光スタート。観光客を乗せて走る三輪自転車(トライショー)が、乗らないかと誘ってくる。気温は30度。長時間歩くのは結構つらいので、この商売が成り立つのだろうな。



途中、帆船の博物館などに寄りながら、オランダ広場に到着。ピンクの壁の建物が並んでいるところが、独特の情緒を醸し出す。



ここでもトライショーがお客を待って並んでいる。お腹が空いてきたので、お店が並ぶジョンカーウォークにある「和記」という食堂へ。チキン、ライスボール。アジアン甘辛チリソースに魚醤油を混ぜて鶏肉をつけていただく。これはとってもおいしい。



早い時間だったので、すんなり食べられたが、お昼に前を通ったときにはスゴイ行列が出来ていた。早く行って正解だったな。




マラッカのお家には、いろんな国に統治されてきた長い歴史があるようです。



「マラッカハウス」は伝統として大切に残されています。
2階の窓が、二つのタイプとか、3つのタイプとかがありますが、基本の形はみんな良く似ています。

長く続くという縁起のいい意味でマラッカハウスをアートにしているお店がありました。マラッカハウスを模った陶器を一つ一つ手書きでペイントして額に入れてあります。とってもかわいいので、製作中のアーティスト兼オーナーに話を聞きながら、お土産にいくつか買ってきました。








ジョンカーウォークをお土産の買い物で歩きつかれたので、Cafeでしばしの休憩。ジオグラフィック・カフェ。ウォーターメロンジュース。冷たくて甘くて、でもサッパリでおいしかった。




マラッカは町の中心をマラッカ川が流れていて、リバーボートクルーズがある。





たくさんの橋の下をくぐりながら、船は進んでいく。河岸の建物は、美しい白い壁、おしゃれな街灯、アートペインティングなど、なかなか美しい。途中、大トカゲが木に登っていたりもして、ちょっとしたアトラクションって感じ。暑い町なかとは違って、少し涼むことができた。45分ほどでもとの桟橋へ帰ってきた。


船を運転してくれていたおばさん。



マラッカで宣教を終えたフランシスコ・ザビエルは、日本に向かったみたいです。セントポール教会という古い教会跡が、スペイン広場の裏手の小高い丘の上にあった。



マラッカタワー。15分ごとに、運行されている景色を見るための観光タワーのようだ。110m、360度回転式のパノラマらしい。



なかはこんな感じ。マラッカの古い町並みも、マラッカ海峡を進むタンカーなども見えました。





さて、夕方にはKLIAで、K4GPメンバーとの待ち合わせ。ホテルからKLIAまでは、再びタクシーにて戻りました。運転手さんもお疲れさんでした。日本人はみんないいお客さんばかりと言ってました。意外にもアラブ系が態度もお金払いも悪い客だそうです。

この後、みんなと合流してKL市内で前回に書いた食事となったわけです。











| OSOTO | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

K4GP参戦報告(その1)


2月10日 レースの前々日。
(詳しい状況はHaraCarsのブログをご参照ください。)

クアラルンプールのブキッビンタンで、先着組み4人合流後、遅めの晩餐。

ニラとイカの炒め物。

鶏肉から揚げの生姜煮

キャベツと干しえび炒め

焼き飯

マーボ茄子

えびともやしの焼きそば・・だったかな

他にも数点食べましたが、こんなお店。
バクテのお店が閉まっていたので、近くで発見。

タイガービールと一緒に満腹でした。
ホントに安くて、おいしくかったです。

| - | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0) |