軽四耐久K4GP参戦プロジェクト|レーシングチーム|富士1000km耐久|セパン24時間耐久|ホンダビート"HONDA BEAT"

K4GP.NET|K4-GP|2010年|富士1000km耐久| 軽四|セパン24時間|レーシングチーム|ホンダビートBEAT|画像|軽耐久|腕時計

FunKy Blood 監督Jのブログ

夏の本番に向けて目標探し。考えて、動いて、何を感じとれるか。。。

レンタルの総合ポータルサイト【レンタルナビ】
SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
書いた記事数:51 最後に更新した日:2011/08/15
OTHERS
<< ラウンド報告(ABCゴルフ倶楽部) | main | お花見 >>

カメラ合宿 in セパンF1サーキット

2月12日、13日の2日間セパンF1サーキットでの24時間耐久レース。ドライバーとして参戦する傍ら、チームカメラマンとして写真撮影も楽しんだ。今回は、僕のカメラの師匠であり、飛行機撮影が専門のYukinoriさんの同行指導つき。なんとも心強い。

まず、僕の機材は、Nikon D700、レンズは、Tokina AT-X 840D。D700はフルサイズのなので、最長で400mmの望遠。


(Tokina AT-X 840D 400mm)

師匠の機材は、Canon EOS-1D mark、レンズは、 EF300mm F2.8L IS USMテレコン1.4or2.0。300mm×1.3倍×2.0倍だから、実質780mm。完全にプロ機材です。費用面では、カメラではなくウチのレーシングカーといい勝負でしょう。


(Canon 300mm F2.8 IS テレコン 780mm)


(Tokina AT-X 840D 400mm)


(Canon 300mm F2.8 IS テレコン 780mm)



夜のピットロード、ドライバー交代から走りだした瞬間をストロボを焚いてで撮った写真。さすが師匠です、車が鉛が溶けたような独特の質感に。


(Canon 1d mark供17-40mm F4)


そして、朝日が斜めに差込み、ドライバーの顔を映し出す午前8時。

(Tokina AT-X 840D 400mm マニュアル 1/125 f5.6)



(Canon 300mm F2.8 IS テレコンなし 300mm
シャッター優先 1/60 F8.0)

このスピード感の違いは、シャッタースピードの違いですね。

(Tokina AT-X 840D 400mm マニュアル f5.6)
同じ位置から D700のクロップすることでDXサイズで撮影、600mm換算です。



(Tokina AT-X 840D 400mm シャッター優先 1/125 f13)
12時のゴール間近、11時の写真。

マニュアル撮影も初めてでしたし、朝から夜までのすべての時間帯で、光を考えながら撮る事で大変勉強になりました。師匠のように上手くは撮れませんでしたが、なかなかの出来映えで自分なりには大満足でした。

しかし、写真もまだまだ奥が深そうです。。。

| カメラ | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする