軽四耐久K4GP参戦プロジェクト|レーシングチーム|富士1000km耐久|セパン24時間耐久|ホンダビート"HONDA BEAT"

K4GP.NET|K4-GP|2010年|富士1000km耐久| 軽四|セパン24時間|レーシングチーム|ホンダビートBEAT|画像|軽耐久|腕時計

FunKy Blood 監督Jのブログ

夏の本番に向けて目標探し。考えて、動いて、何を感じとれるか。。。

レンタルの総合ポータルサイト【レンタルナビ】
SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
書いた記事数:51 最後に更新した日:2011/08/15
OTHERS

K4GP2011夏 本番!

2011年8月11日 K4GPは明日の1000km耐久の決勝をひかえて、前日は車検、練習走行、500km耐久レース決勝が行われました。

K4GPは大勢のボランティアが運営に参加しており、僕も毎年運営スタッフとしてもお手伝いさせて頂いております。今年も、燃料監視委員として、車検場で給油計画等の確認を行いました。朝6時〜8時まで500km耐久出場約60チーム、午後2時〜6時までは1000km出場約140チームとスタッフもなかなかの仕事量です。



くたくたになってチームへ戻り、明日の1000km耐久本番へ向けての作戦会議&前夜祭で御殿場駅前で飲み会。富士スピードウェイに戻って、シャワー後、0時30分就寝。


 2011年8月12日 K4GP決勝。朝6時、気温が下がっているので、昨晩満タンにしたガソリンを、さらに給油して満満タンに。お猪口に2,3杯程度だが、貴重な給油である。

同じピットには、園田自動車。


HaraCarsも同ピット。心強いかぎりです。


6時30分コースイン。グリッドにつく。暑い一日になりそうだ。既にかなり気温が上がり始めている。



7時30分。コース上でのドライバーズミーティング。ペナルティを厳しくとるとの説明。安全を守るためのルール遵守は当然だが、レースに熱くなるとつい破ってしまいがち。気をつけよう。



さて、1stドライバーとスターターの2ショット。緊張している二人のはずだが、余裕?


スタートの様子はこちら

長い長い、暑い熱い10時間。忙しすぎて、写真は、1枚も撮れませんでしたが、18時FINISH!!!見事、完走しました!


チームお揃いのTシャツで、全員が最終ドライバーHANADA氏を応援しました。スポンサーのみなさま、ありがとうございました。


今回のドライバー6人で記念撮影。みんな、もうフラフラ・・・でもにっこり。



ようやく3年越し念願の完走を果たす事ができました。エンジンも足回りも非常に安定していて乗りやすかった、メカニックMatsunami氏へ感謝。


| K4GP | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) |

ザリガニ

6月12日

淀川河川敷公園の大淀野草地区のなかでは、いつも色々な生物が見られる。なにか捕まえようと虫籠と網を持って、出掛けた。




そして、ザリガニを捕まえました。僕が育った泉州の池や川と同じく、「真っ赤チン」と呼んでいたアメリカザリガニと、ハサミもちいさく色も茶色い日本ザリガニは、ここでも同居していました。たくさんの子供たちが、チーズ、スルメ、など餌を工夫してザリガニ釣りを楽しんでいました。

飼う事はできないので、帰りにはリリースしましたが、童心に帰って楽しかったです。
| OSOTO | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) |

ラウンド報告(ABCゴルフ倶楽部)

 6月19日(土) ABCゴルフ倶楽部に行ってきた。

梅雨の時期。お天気を心配したが、まったく降る気配なし。少し曇り気味で最高のコンディション。前日、1時間しか寝ていないことを除けば。前日の金曜日は、送別会と別の懇親会が重なり、その2つをはしごしたあと、よせば良いのに、呼ばれるままに送別会の方の3次会に舞い戻って合流してしまったのだ。後悔しても始まらぬ、戦いは始まっているのだ。

インスタート。ダボ、ダボ、スタートだったが、12番の168yショートでパー。あがり難しい3ホールは、16番170y池越えのショート、ワンオンするもスリーパットボギー、400y17番最難関ミドルでパー。18番ロング、ティショットはフェアウェイ。ツーオン狙いだがピンまで230y、当たりは悪くないが5ウッドはやはり届かず池ポチャ。ボギー。ほとんど記憶のないままだったが、46。後半45。91。

しっかり体調整えて望まないと、せっかくのラウンドがもったいない気分だった。以後、気をつけよう。
| ゴルフ | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

ラウンド報告(ABCゴルフ倶楽部)

 5月21日 晴れ。

ABCゴルフ倶楽部に行ってきました。最高気温26〜7度まで上がるとの予想。朝の練習場で、少し動いただけでも汗がでてくる、暑い。風も無し。今年初めての半そで1枚。

アウトスタート。1番387Y。ティショットは、左のラフ、ラフは少し伸びてきていてランは全くなし。ピンまで残り185Y。5番アイアンでオン、パー。順調なスタート。2番386Y。ティショットは、同じく左のラフ。ピンまで残り180Y。6番アイアンでオン、パー。3番、ピンは奥、2段グリーンのうえの段、185Y。5番アイアンで上の段にオン。10メートルから3パットボギー。もったいない。4番532Yロング、ティショット左ラフ、セカンド4Uでフェアウェイセンター、残り120YをPでオン、パー。5番336Y、ティショットは左ラフ、木の根元へ、なんとかスイングはできる状況、残り120Y、7番アイアンを短くもって、オン、パー。順調だ。

ここで同伴者から、「ここまでワンオーバーだよ、すごいねー」と指摘されて、ふと我に返った。このまま行けば、30台ペースだ、なんなら今日は70台か?!すごいじゃん、でもそんな上手く行くのか?

6番516Y、ティショットは右の斜面。右?確かにこのホールは左がダメなので、まあいい。5番アイアンでセカンド、フェアウェイに戻すはずがそのまま右斜面を進む形になった。3打目、残り180y5番アイアンでチョロ。4打目、グリーンを右に外すラフ。アプローチをグリーンオーバーして、結局トリプル。一瞬にして30台の夢は破れたのでした。上がってみれば45。午後48。いつもどおりのスコア。

やはり悪いイメージをもったり、無駄な欲を出してはいけない。いいイメージで、1打1打を大切に、無欲無心、結果は後から自ずとついてくるものなのだろう・・・、しかし情けない、悔しい。

| ゴルフ | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

ラウンド報告(ジャパンエースゴルフ倶楽部)

 5月7日 ジャパンエースゴルフクラブへ行ってきた。草津駅からは、タクシーで10分、1500円程度。

ゴールデンウィーク、爽やかな季節、しかも無風快晴。重厚な瓦屋根のクラブハウス。落ち着いたロッカールーム。コースをセパレートする木々の背は高く、伝統を感じさせる。

クラブハウスでの朝食。なぜか落ち着くと思ったら、自分たちの組み以外に、ほとんど人が居ない。朝食を済ませ打球場で練習開始、ボールは打ち放題、しかも芝の上から打てる。このレンジにも自分たち以外に人は居ない。まるで貸しきり?と錯覚するような人の数。遅めのスタートだからかな?

朝食からビールでスタート。アウトコース。全般に広いフェアウェイ。目の詰まった整備の良いグリーン。パー、ボギー、ダボ3つづつで45。昼食でビールと焼酎を追加注入して、インコース。パー3つ、ボギー2つ、ダボ3つ、トリプル1つで、47。トータル92。

なんとも贅沢プレイだった。あとで聞いた話によるとメンバーの条件が非常に厳しく、大企業の役員様がたが中心とか。そういえば昼食時に、唯一出会った別パーティは、水戸黄門さま御一行でしたし、プレイ後のすき焼きハウスでの夕食会も、駐車場に黒塗りが8台停まっていて、なかに入ったら8人が2卓ですき焼きしてました。また行けるといいなぁ。






| ゴルフ | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |